高卒だと弁護士になれないと思っている人が多いですが、そんなことはありません。 あまり知られていないものの、高卒でも弁護士になることは可能です。 弁護士というと高学歴の人がなるイメージが強いかもしれませんが、高卒でもなれるチャンスはあると思ってください。 弁護士までの道のりは、大学を卒業して、法科大学院に進み、司法試験に合格するというのが一般的です。 高卒で弁護士になる場合は、そのままでは司法試験を受けることができないので、まずは、司法試験予備試験に合格しないといけません。 司法試験予備試験とは、法科大学院を経由していなくても、合格すれば法科大学院修了者と同じように司法試験の受験資格を得られるというものです。 司法試験予備試験に受験資格は一切なく、何回でも受けることができますし、高校を卒業していなくても受けることができます。 しかし、この司法試験予備試験に合格するのは非常に難しいです。 合格率は数パーセントといわれているので、並大抵の努力では不可能だといっていいでしょう。